忍者ブログ

環境にやさしいジオベスト

酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」を使用した土系舗装の事例紹介、土系舗装を施工するにあたっての注意点などをさまざまな角度から検討しています。 また、ジオベスト土系舗装のメリットであるヒートアイランド現象緩和やCO2排出抑制、地球温暖化への貢献についても書いていきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジオベストと凍害

野菜からコンクリートまで、あらゆるところで被害が発生する凍害ですが、一般的によく知られているのが、コンクリートの凍害です。
コンクリートの場合、コンクリートの中の水分の凍結・融解の繰返しにより発生します。
固まってしまえば発生することは少ないのですが、わずかな割れ目などがあると、深部へ水が浸入し、これが凍結してクラックなどの破損に結びついていきます。
対策としては、水セメント比を低減し緻密なコンクリートとすることなどが一般的です。
では、ジオベストによる土舗装の場合はどうかというと、やはり、冬場の施工の場合は真砂土とジオベストを混ぜて練る時、水分を少なくするなどの対策をとりますが、それでも表面が崩れたり、細かいクラックが発生したりすることがあります。
しかし、ジオベストによる土舗装の場合、凍害に合ったからといって慌てる必要はありません。
なぜなら、早いうちに気がつけば、復元は簡単だからです。
どうしていいかわからなくなったら、ご一報ください。
通常、土舗装の場合、一度固めると、時間の経過とともに強度が弱くなるのが普通ですが、ジオベストを使用した土舗装は、適度の湿度と圧力があれば、時間の経過とともに強度を増す傾向があることが、復元力につながっています。

◆ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島(082)299-0681または、神戸(078)843-2561まで。


拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、環境に配慮された各種の酸化マグネシウム系固化材を販売しております。特に酸化マグネシウム系土舗装固化材は、2005年度から販売を開始。酸化マグネシウム系真砂土舗装材「ジオミックス」は、2008年度より販売を開始しました。是非、弊社のホームページへお越しください。.

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 環境にやさしいジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]