忍者ブログ

環境にやさしいジオベスト

酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」を使用した土系舗装の事例紹介、土系舗装を施工するにあたっての注意点などをさまざまな角度から検討しています。 また、ジオベスト土系舗装のメリットであるヒートアイランド現象緩和やCO2排出抑制、地球温暖化への貢献についても書いていきます。

   

ミキサー

土舗装を行なうには、「土」と「固化材」と「水」が必要です。
それらを混合するにミキサーといえば、代表的なものに、モルタルミキサーがあります。手軽で持ち運びも楽です。
しかし、効率的な「練り」を行なうことを考えたら、「強制二軸練りミキサー」がお奨めです。なぜなら、「土」と「固化材であるジオベスト」「水」を混ぜるには、わかりやすい単位での混合が望ましいからです。ジオベストは、1袋20kg入りです。この固化材1袋に対して、何キロの土と水を配合すべきかを計算するには、まず、真砂土の乾燥重量を出します。
ジオベスト20kg÷0.15(ジオベストの真砂土に対する配合比)=133.3kg・・・これが真砂土の乾燥重量になります。そして、真砂土の含水比を量って、含水比が10%だったら、133.3kg×1.1=146.7kg・・・つまり、ジオベスト20kgに対する湿潤真砂土は146.7kgとなるわけです。
そして、最適含水比は、10~12%程度。つまり、手で握って、べっとりつかない程度の水分を含んだ状態をいいますが、この場合、1~2%の水ということになります。これらを混ぜ合わせることで土舗装の舗装材が出来上がります。
しかし、加水するとミキサーで練る時、こびり付いてミキサーを停止しないといけないことが多々発生しますので、どうしても加水が必要な場合を除いて、乾燥した土とジオベストを混合→敷き均し→転圧→散水という順番で、散水を最後にするのが一番いいと思います。
広範囲の施工では、ミキサーより、バックホーで混ぜた方が効率的ですので、現場に応じて、使用する機械の使い分けをしましょう。
◆ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島(082)299-0681または、神戸(078)843-2561まで。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、環境に配慮された各種の酸化マグネシウム系固化材を販売しております。特に酸化マグネシウム系土舗装固化材は、2005年度から販売を開始。酸化マグネシウム系真砂土舗装材「ジオミックス」は、2008年度より販売を開始しました。是非、弊社のホームページへお越しください。.

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 環境にやさしいジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]