忍者ブログ

環境にやさしいジオベスト

酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」を使用した土系舗装の事例紹介、土系舗装を施工するにあたっての注意点などをさまざまな角度から検討しています。 また、ジオベスト土系舗装のメリットであるヒートアイランド現象緩和やCO2排出抑制、地球温暖化への貢献についても書いていきます。

   

土舗装の品質管理と配合設計

関西電力の環境月間シンポジウムは今週の日曜日(7日)に、堂島リバーフォーラムで開催されます。
しかし、今回は残念ながら落選通知が届きました。
「厚生年金会館」、「メルパルク」、「堂島リバーフォーラム」と、欠かさずに参加していただけに残念です。
音楽とのコラボは楽しいですね。
よって、今年は、大阪市の環境月間イベントも多く実施されるので、そちらのシンポジウムに参加しようと思っています。

さて、今日は、土とジオベストの配合設計について書きます。
ジオベストは、関東ローム、黒ぼく土、褐色森林土、真砂土、赤土など、どのような土も固めることができるのが、特徴です。
よって、土の種類によって、六価クロムが溶出するといった心配は、ジオベストに限っては、ありません。
しかしながら、現場で発生する土をリサイクルで土舗装に使用する場合、その土にどのようなものが混じっているかわからないので、土の品質を調べて配合設計をするのが一番安心できる方法です。
よって、今回も現地発生土そのものを調べるだけでなく、ジオベストと水を混ぜて、いくつかのテストピースを作り、試験をした上で、配合設計を行ないます。
配合設計は、強度指標・設計強度が、表層としての機能を満足できる強度になるようにします。
それらの手続きをふむと、準備段階で10日ほどかかります。
そして、土舗装の現場では、どの程度の含水比があるかを調べて、水の添加量を決めます。
現地発生土には、8~10%程度の水分が含まれているので、加水量はわずかになります。施工現場は、ここからがスタートになり、次に、いかに練混し、敷均・転圧していくかのステップが待っていることになります。

◆ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島(082)299-0681または、神戸(078)843-2561まで。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、環境に配慮された各種の酸化マグネシウム系固化材を販売しております。特に酸化マグネシウム系土舗装固化材は、2005年度から販売を開始。酸化マグネシウム系真砂土舗装材「ジオミックス」は、2008年度より販売を開始しました。是非、弊社のホームページへお越しください。.

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 環境にやさしいジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]