忍者ブログ

環境にやさしいジオベスト

酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」を使用した土系舗装の事例紹介、土系舗装を施工するにあたっての注意点などをさまざまな角度から検討しています。 また、ジオベスト土系舗装のメリットであるヒートアイランド現象緩和やCO2排出抑制、地球温暖化への貢献についても書いていきます。

   
カテゴリー「ジオベスト」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジオベストと施工機械

「冬季土工設計施工要領」というものが通年施工推進協議会から発行されています。
この要領の趣旨は、寒冷期の冬季土工の技術指針としてまとめられたものです。
品質が低下しないように留意することについて、ジオベスト土系舗装の施工の場合でも役立つ内容になっています。ジオベストの施工について当てはめてみると、
・土の凍結について
外気が0℃以下になると、地表面から土粒子間の間隙水が氷結します。さらに低温が続くと、凍結面は次第に地中に進行します。土が凍結すると作業が困難になるので、人力施工は避けること。ジオベストの施工の場合、外気が5℃以下になると固化材が反応しなくなるので、極力、5℃以上の時を選んで施工するのが望ましいといえます。
また、夜間は冷えるので、早めに作業を終え、ジオベストの固化反応を停止させないことがベストです。
・含水比について
寒冷期の施工に適した土質、含水比にすること。夏季の場合、乾燥するのが早いので、含水比は多めに、冬季は少なめに調整し、シルト分を少なくして砂質分を多くする方が早く固化します。
よって、今回は、アスファルトフィニッシャで敷均し、搭乗式コンバインド型の振動ローラで締め固めを行ない、機械施工で施工しました。現場は大阪です。






■ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419
福岡092-518-3537へ。
もしくはジオサプライのホームページよりお問い合わせください。

拍手[0回]

PR

イノシシの被害に遭いました!

今年はイノシシ年です。農作物を荒らすので嫌われ者になってしまったイノシシですが、実は昔から子孫繁栄の縁起のいい動物として知られていました。
そんないい面もあるイノシシですが、今回はジオベストで土舗装したばかりの場所に、夜現れ、足跡をつけられてしまいました。
しかも施工した場所の一部ではなく、施工した場所を延々と歩いていました。普通に人間が歩くだけでは足跡はつかないのに、イノシシの蹄は土舗装に強く刺さるので、下の写真のように土舗装を傷つけます。
数年前には土舗装をしたばかりのところを鹿に歩かれて足跡をつけられて困ったことがありましたが、イノシシと鹿の足跡の違いは、鹿の場合、副蹄が足首の上の方についているので、Vの字のような足跡になり、副蹄がつきませんが、イノシシの場合、副蹄が下の方についているので、しっかり跡がつきます。
この写真は施工した翌日の朝です。


この足跡を消すために転圧ローラーで押えただけでは消えません。足跡ごとにコテやタンパで地道に消していくしかないわけですが、周辺は夜無人になるだけに、また荒らされる恐れがあります。
早く土舗装が硬化してくれればいいのですが、冬季の施工は固化反応が遅く時間がかかってしまいます。
多分、今晩もやってくるかもしれないと戦々恐々としていますが、侵入を防ぐ手立てはありません。
農家の方が農作物被害で困っているように、こんなところでもイノシシ被害で困っている現場があります。
下の写真は施工から5日目ですが、毎日のように夜イノシシがやってきて、蹄で足跡をつけて帰っていきます。


■ジオベストのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419
福岡092-518-3537へ。
もしくはジオサプライのホームページよりお問い合わせください。

拍手[0回]

墓地・墓苑のジオベスト土舗装

墓地の維持管理で一番大変なのが雑草です。だからといってコンクリートにはしたくない。芝生にしてもいいが、芝生の間から雑草が生えてくるスピードが早いので管理が難しいということから、約2,000㎡ある公営墓地の通路を全面的にジオベスト土舗装にされ、1年が経過しました。
ジオベスト土舗装は、酸化マグネシウムを主成分とした固化材を使用しているため、除草剤のように毒性のある薬剤で雑草を枯らすわけではなく、長期的に雑草が育つための養分を不溶化し、雑草が生えるのを防ぐ環境にやさしい防草材でもあるのです。除草剤は雑草を枯らすことはできても、その効果は短期的ですが、ジオベストの防草の特徴は、長期的に効果が維持できるところにあります。
ヒメダカ急性毒性試験やラットを使った単回経口投与毒性試験で安全性も証明されており、使用にあたっては、人体・植物・昆虫への負担がありません。




 
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537

 

拍手[0回]

施工から1年、土舗装の現状

桜がちらほらと咲く春、昨年の施工からほぼ1年が経過する土舗装を見てきました。ジオベストの土舗装は、土の風合いを活かした景観性があります。どういうことかというと、コンクリートやアスファルト舗装のような土舗装がありますが、ジオベストの土舗装は土の道の風合い=土らしさがあるということです。土舗装につきものの目地がありません。よって、繋ぎ目から雑草が生えるということがありません。
土舗装は透水性舗装なので、雨水が表層に浸透します。よって、コンクリートやアスファルト舗装のように表面排水ではないので、水がイタズラをします。土に浸透した水が排水できるように勾配をつけるなど、水をコントロールすることが良好な土舗装にするポイントになります。注意する点はその1点です。





■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537

拍手[0回]

土壌改良とジオベスト

雨の日の参拝者に迷惑をかけてしまう土壌の泥濘化を何とかしたいというご相談がありました。
長く同じ土を使っていると土の粒子と粒子の間の空隙がなくなり、透水性が悪くなります。
その場合、土を掘り起こして掻き混ぜ、空隙を作ることや、土の入れ替えをしますが、それだけでは十分ではありません。
つまり、泥濘化対策としては、根詰まりの原因となる土の細かな粒同士を団粒化し、水を通し易くしておくことや、埃を防ぐ保水性を確保しておくことが大切だからです。
ジオベストは、この土壌の泥濘化や土の流失を防ぐために、用途に応じて硬さなどが調節できます。
また、泥濘化は、こうした土壌改良だけでなく暗渠などの排水設備の点検や水勾配の確認をお忘れなく。


■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537

拍手[0回]

河川敷ジオベスト土舗装1年10ヶ月経過

下の写真は河川敷といっても堤防の部分であり、自転車も通る生活道路になります。
施工から1年10ヶ月経過したジオベスト土舗装を見てきました。
河川敷なので左側は河川、そして右側は住宅地になりますが、ジオベストは酸化マグネシウムを主成分にしているので、強アルカリ排水や重金属類の溶出がなく、人体、植物や昆虫といった生き物、河川の魚に対して負担がないのが特徴です。
 
冬季の施工だったので寒さに対して強度を発揮できる機械施工です。つまり、施工後、早く開放しなければならない生活道路であり、養生期間を短くする必要性から機械施工としました。しかし、写真のように、道路幅があるので大型の搭乗式ローラーの使用が可能で問題がありませんでした。 
ジオベストに真砂土を混合して舗装材にしておりますが、少し粗い粒度のものを使用しています。土の粒を揃える方がきれいですが、土舗装は、シルト部(0.075mm~)が10%以下で、細かな粒から少し粗いめの粒(8mm)までの粒が混じったきれいな粒度曲線を描ける真砂土構成の方が強度が出ます。粘土や不純物を含まない自然含水比が低い土壌(10%以下)がお奨めです。
そして、目地は長い土舗装ですが、1本も入っておりません。よって、目地から雑草が生えて来るといった心配もありません。 
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537



 

拍手[0回]

公園のジオベスト土舗装

酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、土壌に混合・転圧をすることで土粒子の団粒化による透水性向上で雨水も浸透しやすくなり、また固化することで泥濘化を防ぎます。
従来からある団結材料は、固化体が強アルカリ性を示し、地中環境で利用されることを前提としていましたので、暴露環境での利用となると、固化体からのアルカリ分の溶出やカルシウムの地表面に析出して白華現象を招き、景観を損ねる場合がありました。
また、生態系との関わりの大きい水辺環境での利用では、力学的な目的は達せられるもののアルカリ水の溶出が問題となる場合がありました。そこでpHを低下させる試みも行われてきましたが、酸性化すると強度が著しく低下する恐れがあり、強度とpHのバランスを考慮する必要があります。その点、弱アルカリ性の固化材であるジオベストは、それらの課題をクリア出来、地盤改良材としての有益性が増しています。
また、有害物質を溶出しにくくする不溶化技術は、植物に必要な養分を不溶化することが可能で、雑草の発芽を抑えますので、良好な公園の状態を維持できます。

土舗装の仕上げには、転圧ローラーで固めたツルッとした仕上げ方法とブラシをかけて「より土に近い土」の仕上げ方法がありますが、ここでは後者を採用しています。

表面はザラザラですが、その下はしっかり固まっているので、土の流失はありません。

■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537

拍手[0回]

酸化マグネシウム系固化材とは?

土系舗装は、人間にやさしい舗装として近年、多くの場所で採用されてきました。
例えば、歩道、公園の園路や広場、グラウンド、歴史的遺産の再現、世界遺産の修復などへの利用が挙げられます。
この土を固めて舗装する土舗装は、結合材として必ず固化材が必要です。
これまでは土にセメントやセメント系固化材、石灰、樹脂などを混ぜてきました。
しかし、特にセメントやセメント系固化材の場合、
①土壌が高アルカリになることで周辺の植生への影響、湖沼・河川・海洋へのアルカリの流失による水質汚染が問題となっていました。また、
②固化材に含まれる微量の六価クロムの影響も懸念されています。
③「リサイクル面での寄与率が低い」、ということも言われてきました。
そこで、これらの問題を解決し、環境リスクを低減するために開発されたのが酸化マグネシウム系固化材です。
酸化マグネシウム系固化材は、
「弱アルカリ性領域での土の固化が可能で、混合物は中性になります。」
「六価クロムを含まず、土壌汚染の心配がない。」
「固化材の主成分が肥料と同じであり、廃棄処分に際しては、植物を育てる土または建設残土としての取り扱いができる。」
さらに、「養分の不溶化が期待でき、雑草の生育を防止するため、防草効果がある。」といった問題解決だけでなく、プラス面があることから、地球にやさしい固化材として注目を浴びるようになりました。
酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、適度の弾力性と十分な圧縮強度が得られ、材料土そのものの色彩を保持し、景観上の懸念も生じません。また、アスファルト舗装のような照り返しがなく適度な保水性があるため、表面温度を低く保つことができます。

現在販売されている土舗装用の真砂土舗装材は多数ありますが、結合材について詳しく書かれているものが少なく、固化材としか書かれてなかったり、何ら説明がされていないものが多数見られます。土舗装に欠かせない結合材に何を使用するかが、一番のポイントになりますので、注意して選択をされることをお勧め申し上げます。

■ジオベスト・ジオミックス・ジオロックのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537

拍手[1回]

古墳の復元

五色塚古墳は、日本で最初に復元整備が行われた古墳です。
JR垂水駅で下車して、歩いて五色塚古墳に向おうとしましたが、道が複雑だったので、迷うより国道2号線を明石方向に進み、途中で右折する方がいいと判断したのですが、なかなか入り口が見つからず、人に聞きながらやっと2号線を横切って行くことが出来ました。
古墳の規模は、墳丘長が194mあり、兵庫県で最大です。
眼下に明石海峡、対岸に淡路島を望むことができます。
下のCG復元図は、現地管理事務所に飾られていたものを撮影しました。古墳は、海に面した台地上に築かれており、明石海峡とその周辺を支配した豪族だと考えられています。

この古墳の復元は、昭和40年から10年の歳月をかけ、発掘調査と復元工事が行われています。
 
古墳斜面には、葺石か葺かれています。復元は発掘調査に基づいて設計されましたが、工事中に古墳の一部が崩れたり、雨水の影響で保存が困難であることがわかり、改良を重ねながら復元されております。
現代の土木機械を使っての築造でも難航する古墳復元ですが、道具が充実していない4世紀末から5世紀初頭の頃に築造されており、いかに土木技術の高さがあったかを伺い知ることが出来ます。
特に盛土で怖いのは、雨水の浸透による崩落です。復元工事では雨水が集中しないように、暗渠排水やコンクリートの側溝、排水溝などの排水設備が造られていますが、当時の墳丘盛土を雨水から守る工夫は、盛土に浸透した雨水をいち早く排出するための石積みによる排出溝しか考えられません。
発掘調査では多くの埴輪が発見されており、それらは見ることが出来ますが、私が一番知りたいのは、崩落を防ぐ工夫がどうであったかの英知です。
ジオベストは酸化マグネシウム系の土舗装固化材です。環境に負荷を与えない固化材として土を固めたり、土舗装の材料として選ばれており、墳丘盛土を固めることはできますが、崩落を防ぐには排水設備の工夫が欠かせないからです。

  
■ジオベストについてのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島(082299-0681 神戸(078843-2561 名古屋(052766-6419  福岡(092843-2561

拍手[0回]

茶臼山古墳と遊歩道の土舗装

NHK大河ドラマ「真田丸」の人気もあり、大阪の天王寺にある茶臼山古墳に行ってきました。
茶臼山古墳と呼ばれている同じ名称の古墳は、ここ以外にもいくつかあります。
特に天王寺にある茶臼山古墳は、徳川家康が大阪冬の陣で、布陣しており、夏の陣では、真田信繁が茶臼山古墳に布陣したことで有名になりました。こうした古墳は盛土をして小高い丘に造成してあるので、見晴らしが良く、陣を張るには格好の場所として利用されました。この茶臼山古墳は、前方後円墳です。大阪府指定史跡に指定されています。
しかし、1986年の発掘調査では埴輪や葺石が確認されなかったことから、古墳ではないのではないかと疑問を持たれましたが、2009年の発掘調査で石室らしきものが発掘されていることから、私は古墳だと信じています。
この茶臼山古墳には遊歩道が整備されており、縁石で頂上からの水が遊歩道を横断して流れ、土を流失することがないように側溝が設けられています。土舗装は水の流入に弱いので、このような設計になっていることは、常に遊歩道が乾いた良好な状態に保てるという利点があり、雨でも歩く人に不便をかけることがありません。また、歴史の散策路としての景観にマッチして、歩きやすい遊歩道になっております。残念なのは古墳には多くの木々が立ち、景色を眺めるのに邪魔になって、家康や信繁の目線で大阪城方面を見ることが出来なかったことです。なんとかならないものかと思いました。
■土舗装用固化材ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681  神戸078-843-2561  名古屋052-766-6419  福岡092-518-3537

拍手[0回]

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、環境に配慮された各種の酸化マグネシウム系固化材を販売しております。特に酸化マグネシウム系土舗装固化材は、2005年度から販売を開始。酸化マグネシウム系真砂土舗装材「ジオミックス」は、2008年度より販売を開始しました。是非、弊社のホームページへお越しください。.

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 環境にやさしいジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]