忍者ブログ

環境にやさしいジオベスト

酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」を使用した土系舗装の事例紹介、土系舗装を施工するにあたっての注意点などをさまざまな角度から検討しています。 また、ジオベスト土系舗装のメリットであるヒートアイランド現象緩和やCO2排出抑制、地球温暖化への貢献についても書いていきます。

   

水みちとジオベスト土舗装

土舗装は、衝撃吸収性が高く、歩行者に優しい舗装です。自然環境にも調和し、ヒートアイランド対策としても有効です。
そんな土舗装ですが、散策している途中で、無残にも階段の土舗装が破壊されている場所を見つけました。ジオベストを使用して舗装した土舗装ではありませんが、土舗装の土が流失して、路盤の砂利が剥き出しになっています。
多分、雨の日に、この場所を訪れたら、階段の上から水が流れてくるので、水を避けて登らなければならなかったはずです。
よくある話ですが、この階段の土舗装は、透水性舗装なので雨が降っても透水するから壊れることはない、大丈夫だと思われて、造られたのだと思います。よって、排水溝の検討など全く考えられていなかったはずです。
しかし、このような階段の場合、階段を流れる水だけでなく、左側の山からも雨水が流入するので、大量の水が勢い良く下方へ向けて流れていくため、土舗装はすぐに破壊されてしまいます。
つまり、透水する前に大雨が降ると、階段が水みちとなり、土舗装が流されてしまうわけです。
同様に土舗装の勾配がきついと、坂道を水が走るので雨が透水する前に土が流されてしまいます。
晴れている日に、なかなか雨の日のことは想像できないと思いますが、雨水はどのように集まってきて、どのように流れていくかを想像したら、排水溝のことを考えたに違いありません。ジオベストは土舗装固化材なので土舗装をするために使用しますが、コンクリートのように強くはありません。水の流入があれば上手に水が流れる「水みち」を考えることが快適な土舗装を守ることにつながります。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、環境に配慮された各種の酸化マグネシウム系固化材を販売しております。特に酸化マグネシウム系土舗装固化材は、2005年度から販売を開始。酸化マグネシウム系真砂土舗装材「ジオミックス」は、2008年度より販売を開始しました。是非、弊社のホームページへお越しください。.

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 環境にやさしいジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]