忍者ブログ

環境にやさしいジオベスト

酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」を使用した土系舗装の事例紹介、土系舗装を施工するにあたっての注意点などをさまざまな角度から検討しています。 また、ジオベスト土系舗装のメリットであるヒートアイランド現象緩和やCO2排出抑制、地球温暖化への貢献についても書いていきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

循環型社会のクリーンエネルギー

ジオベストは酸化マグネシウム(Mgo)を主成分としています。
土と混ざると土の中の水分と結合して、水酸化マグネシウムになり、空気中の炭酸ガスと反応して塩基性炭酸マグネシウムを形成し、土同士の接着をもたらします。
また、この酸化マグネシウムは、土舗装の固化材としての利用だけでなく、融点が2800℃と高く高温での電気絶縁性に優れ熱伝導率も比較的高いため、絶縁材料としても広く利用されています。
医薬品としての年間処方数も、トップ10に入っているし、歯磨き粉も酸化マグネシウムが主成分となっています。
このように広範囲に利用されている酸化マグネシウムですが、循環型社会のクリーンエネルギー源として注目を集めています。
ネットで調べていただければ、「マグネシウムとレーザーを用いた再生可能エネルギーサイクル」として研究開発されている内容がわかります。
マグネシウムの酸化については小学校の授業でも習っていますが、この酸化マグネシウムを元のマグネシウムに還元し、出来たマグネシウムを水と混ぜて熱を加えるとマグネシウムは激しく燃え、熱と光と水素を発します。
生じた水素が空気中の酸素と結びつけば、発生する熱量は倍化します。
このエネルギーを利用するわけです。
また、マグネシウムは貯蔵出来、酸化によってできた酸化マグネシウムは、ふたたび還元して利用出来ます。
酸化マグネシウムを還元するためには、太陽光をレーザーに変換し高いエネルギーにして照射しますが、これも自然エネルギーです。マグネシウムを利用することで、CO2を発生しないクリーンエネルギーサイクル(資源の再利用)が出来上がります。
水素は高圧タンクでの貯蔵が必要ですが、マグネシウムで貯蔵する方がはるかに安全で多くの量貯蔵できます。
酸化マグネシウムは無尽蔵です。
次世代のエネルギーとして、最も期待出来ます。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、環境に配慮された各種の酸化マグネシウム系固化材を販売しております。特に酸化マグネシウム系土舗装固化材は、2005年度から販売を開始。酸化マグネシウム系真砂土舗装材「ジオミックス」は、2008年度より販売を開始しました。是非、弊社のホームページへお越しください。.

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 環境にやさしいジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]