忍者ブログ

環境にやさしいジオベスト

酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」を使用した土系舗装の事例紹介、土系舗装を施工するにあたっての注意点などをさまざまな角度から検討しています。 また、ジオベスト土系舗装のメリットであるヒートアイランド現象緩和やCO2排出抑制、地球温暖化への貢献についても書いていきます。

   

ジオベストと泥濘化防止

土系舗装を行う目的はさまざまです。舗装することで弾力性のある快適な歩行が楽しめるようになることや、ヒートアイランドの抑制などが思い浮かびますが、下の写真のように、泥濘化して水溜りが出来たり、雑草が生えるのを抑止したり出来るのも土系舗装の目的です。
よって、まずは水溜りが出来るのを解決するために、下地整正によって勾配をつけます。固くなって、雨が降ると泥濘化する土を撤去します。そうやって整えた後、ローラーで固めた上に、ジオベストと真砂土を混合した舗装材を敷き均し、転圧します。あとは散水して工事は終了です。それから、初期硬化の段階で雨に降られると土の表面が流されるので、シート養生を行い、乾燥して固くなり、強度が出るのを待つだけです。
下の写真は、初期硬化時に雨に降られてしまったので、少し表面が荒れてしまいました。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537

拍手[0回]

PR

水みちとジオベスト土舗装 その3

水みちが出来る原因は、雨水や流入する水が土に透水する前に土舗装の表面を流れるから掘れるのであり、①勾配がきついから、②予期せぬ大量の雨や水の流入があったから、③土舗装の強度が出る前に降雨や雨の流入があったから・・・というのが主な原因です。
土舗装の強度が出る前に降雨や水の流入で水みちが出来た場合は、強度が出れば問題は解決します。その場合は、ほうきで土舗装の上の土の粒を集めて、ジオベストと混合して、写真のように水みちを埋め、足で踏んでやれば簡単に修復できます。
しかし、もともと勾配がきつい坂道や大量の水の流入が予想される場合は、物理的に排水をコントロールする必要があります。登山道の修復は水を止めるのではなく、登山道を流れる水を道の横に逃がしてやる工夫をします。
土舗装も同じなので、大きな破損にならないうちに早めに対処しましょう。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537

拍手[0回]

水みちとジオベスト土舗装 その2

下の写真も水によって破壊された土系舗装です。
右側の雑草地から流入してきた水の勢いで、土系舗装がえぐられています。
多分、雨の日に見ると、右側から左側に横切るようにして水みちが出来ているはずです。
このように横から流入してくる大量の水に対しては、どのような土系舗装でも破壊されてしまいます。
もちろん、写真を見たらジオベストを使用した土系舗装ではないことがわかりますが、このような状況になれば、ジオベストの土舗装でも同じことが起きます。
土系舗装は、コンクリートやアスファルト舗装のような強度がありません。
「水みちふさぐな、それ通せ」という戒めの言葉がありますが、雨の日に土系舗装をしようとする現場に立って見れば、どのように水が流れているかがわかります。
写真のように道を横断するぐらいの勢いのある水みちを見つけたら、土系舗装だから透水するので問題ないと軽く考えないで、側溝を設置して水の排水を検討する必要があります。
土系舗装は雨が透水し、安全で快適な歩行性を確保できますが、その快適性を壊すのも水です。土舗装の設計の段階で、良好な土舗装を維持するために、水対策を考えておきましょう。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537

拍手[0回]

水みちとジオベスト土舗装

土舗装は、衝撃吸収性が高く、歩行者に優しい舗装です。自然環境にも調和し、ヒートアイランド対策としても有効です。
そんな土舗装ですが、散策している途中で、無残にも階段の土舗装が破壊されている場所を見つけました。ジオベストを使用して舗装した土舗装ではありませんが、土舗装の土が流失して、路盤の砂利が剥き出しになっています。
多分、雨の日に、この場所を訪れたら、階段の上から水が流れてくるので、水を避けて登らなければならなかったはずです。
よくある話ですが、この階段の土舗装は、透水性舗装なので雨が降っても透水するから壊れることはない、大丈夫だと思われて、造られたのだと思います。よって、排水溝の検討など全く考えられていなかったはずです。
しかし、このような階段の場合、階段を流れる水だけでなく、左側の山からも雨水が流入するので、大量の水が勢い良く下方へ向けて流れていくため、土舗装はすぐに破壊されてしまいます。
つまり、透水する前に大雨が降ると、階段が水みちとなり、土舗装が流されてしまうわけです。
同様に土舗装の勾配がきついと、坂道を水が走るので雨が透水する前に土が流されてしまいます。
晴れている日に、なかなか雨の日のことは想像できないと思いますが、雨水はどのように集まってきて、どのように流れていくかを想像したら、排水溝のことを考えたに違いありません。ジオベストは土舗装固化材なので土舗装をするために使用しますが、コンクリートのように強くはありません。水の流入があれば上手に水が流れる「水みち」を考えることが快適な土舗装を守ることにつながります。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537

拍手[0回]

大別当城

昨年の4月に、このブログでご紹介しました中世の山城の1つである「大別当城」跡への道に、「八巻城」跡側から吊橋がかけられ、下の写真のように整備されていました。
1年前には想像もできませんでしたが、これで快適に「大別当城」跡へ登ることができます。
まだまだ今後も継続して整備されていくと思うので、多くの人が楽しめる自然豊かな観光地になっていくものと思います。
那岐山の麓には宿泊も出来るコテージも出来ており、これからのシーズンは多くの人で賑わいそうです。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561

拍手[0回]

桜の季節が待ち遠しい遊歩道

ジオベストを使用した真砂土舗装は、歩行する人に快適な歩行性を与えることができます。また、ジオベストは弱アルカリ性であり、国が定める溶出試験をすべてクリアーしている固化材なので、桜などの樹木へ環境負荷を与えないよう配慮がされています。
実は、貴重な桜などの生えている場所で、安心してご使用いただける土舗装固化材であることが評価されて、今回採用されました。
この遊歩道はこのまちに住む人々に、癒しと安らぎを与えてくれており、自然環境と共生していくまちのシンボルとなっており、春になれば桜が咲き揃い、私たちに元気と勇気の素を与えてくれる場所です。

■ジオベストのお問い合わせは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681 神戸078-843-2561

拍手[0回]

街中に新設された遊歩道

下の写真は、公園や観光地の中にある散歩のためにつくられた遊歩道ではなく、毎日、通勤通学で使用する都市の中心部にある真砂土舗装の歩道です。よって、自転車が頻繁に往来するので、磨耗が激しく劣化しやすい場所といえます。
こういった場所では締め固めが一番重要です。
ジオベストによる土系舗装は、締め固め密度と一軸圧縮強度は比例するので、十分な転圧があれば、強度も比例して出るということになります。
材令28日で比較すると、十分な転圧があれば8N以上になりますが、85%程度の転圧であれば、2N程度しか出ないといったことが起こります。
歩行者のみの歩道であれば、適度な弾力性を持たせるために、転圧はほどほどにするという工夫もできます。
つまり、ジオベストは、用途や目的に応じて転圧で強度を変えることができるともいえます。
■ジオベストのお問い合わせは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561


拍手[0回]

歴史の風格が漂う景観にマッチしたジオベスト

江戸初期から中期にかけて建てられた由緒ある正門の下に見られるのは、ジオベストで固められた土舗装です。
土に近いジオベストによる土舗装は、歴史的建造物の景観にマッチして、月日が経つごとに馴染んでいきます。
土が持つ弾力性と保水性は衝撃を吸収してお参りしていただく人々に、安心感を生み、心地よさを感じさせてくれます。
■ジオベストのお問い合わせは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561


拍手[0回]

ジオベストによる登山道の整備

2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。登録されたことによって、多くの観光客が訪れ、土壌流失や過剰利用による荒廃が問題になりました。
そこで土壌浸食策として散策路整備にジオベストが使用されました。
採用された理由のひとつに、環境保存のために「持ち込まない、持ち出さない」という厳格なルールがあり、ジオベストのみで修復できるジオベストは最も適合した資材でした。
資材を運ぶのが大変な登山道や遊歩道では、固化材であるジオベストのみを運搬すれば効率よく登山道の土の流失防止や防草対策をすることができます。
写真の登山道整備は厳寒期である2月~3月の雪の中で行われました。時期的に凍害に遭いやすく、作業もしづらい環境でしたが、無事整備されました。
■ジオベストのお問い合わせは
ジオサプライ合同会社
広島082-299-0681 神戸078-843-2561

拍手[0回]

中世の山城

下の写真は、標高583mにある大別当城です。奈義町にある中世山城の1つです。
中世の城は、山の自然の地形を利用して山城を築きます。
この山城の頂上には現在展望台が整備されており、ここからの景色が素晴らしいですね。
そして、当時の遺構も残っています。
築城の時期は鎌倉時代から南北朝時代と考えられています。
実は下山する時、急な山道にカメラを落としてしまいました。
自然のままの木の枝を組み合わせて、独特な水の道を考慮した登山道が整備されているのですが、
木が朽ちていたため、木がずれてうっかり足を滑らせてしまったからです。
景観を考慮しながら道を整備するのは大変ですが、急な道なので、土舗装固化材ジオベストなどを
使用して安全に土を固めていただくといいですね。
近くには樹齢900年といわれる菩提樹がある菩提寺城跡などもあるので、興味のある方は、ぜひともお出かけください。
■ジオベストのお問い合わせは
ジオサプライ合同会社
広島082-299-0681 神戸078-843-2561

拍手[0回]

カレンダー

01 2019/02 03
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、環境に配慮された各種の酸化マグネシウム系固化材を販売しております。特に酸化マグネシウム系土舗装固化材は、2005年度から販売を開始。酸化マグネシウム系真砂土舗装材「ジオミックス」は、2008年度より販売を開始しました。是非、弊社のホームページへお越しください。.

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 環境にやさしいジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]